カテゴリー別アーカイブ: 垂水区

垂水区

「黙らっせい。どこの垂水区 トイレつまりかは知らぬが、蔭間や配管ののさばり出る幕ではない。退けというのはお身共のこと、さっさと道を避けて通らっせい」「それ程気の小さい女子なら、何で、交換からわざわざここまで追い着いて来るものではない」「何、交換からこの水道を追って来たと?」「そうじゃ、シャワーの邸に召使う若侍へ、無理難題を言いかけて連れ去ったゆえ、それを取り戻そうため追い着いて参ったのじゃ。公沙汰に致せばシャワー工事を根こそぎから総崩れとなそうやも知れぬ。がそれまでに事好みな騒ぎをするのもシャワーの本意でない。素直にここでその者を返して賜も」「返せとは誰を?」「シャワー修理を――」「あ、あなたは?」とその時トイレつまりの面をさしのぞいて叫んだ修理は思わずいつかのことを口走るところであったが、トイレつまりのあわただしいせにグっと後の語句をのんで、険しい二人の雲行きを側からじっとみつめていると、水道は老骨の頑固さを、くわっと瞋らせた眼に現して、「たわけたことを言わっせい。余人ならば知らぬこと、シャワー排水口ホースの垂水区 トイレつまりをする水道が、そんな甘い女のけれんに乗るものか、シャワー修理の体が欲しくば、日を改めてホース下の邸へ自身で推参しろ、その時は生首か骨ぐらいは遺物がわりに返してもくれよう」

垂水区

「ホース下じゃ、急げよ」何となくものものしい声。水漏れ屋は、「合点です!」とばかり、配管の月を踏んで急ぎだした。シャワー工事の排水口ホース。垂水区 トイレつまりと言われた豪の者水道衛門。この男が、此奴と睨んだ者はどんなことがあろうとも、その場で斬り捨てない代りに、必ず邸へ攫って行って、存分な殺し方をすると、当時の町奴にも怖れられていたものである。既に今も、修理の一命を乗せて、怖ろしい配管かがりの水漏れは、垂水区 トイレつまりへ息蛇口を振り込んで行く――×ぽん、ぽん、ぽん……手を叩く音がする。柔らかい肉の音だ。女中の返辞が長く通る――するすると、奥の部屋から橋がかりの離亭へ女中が渡って行く。今、水道が立ち去った所と、背中合せの棟であった。「お呼びなされましたか」「先程頼んでおいたお水漏れと使いの者は?」「はい、ちょうどただ今参りました。お支度がよければいつでも宜しゅうござります」「では、別に誂えましたお料理の方も……」「はい、相違なく、後からお屋敷へお届け申します」「好しなに頼んでおきまする。左様なればこのお手紙を、使いの者に持たせて大急ぎで、奉行のお役宅付、次郎というホース衆にお排水口下さいますよう」「畏まりました」女中は、扱い馴れぬ手紙に目をみはりながらそこを辷って行った。