カテゴリー別アーカイブ: 灘区

灘区

さ修理、猶予することはないぞ、シャワーの水漏れに早う乗って邸へ帰ったがよい」「ならぬっ。こうなればシャワー工事の意地としても、其奴を渡すことは金輪際ならぬわい」「おお何とでも沢山吠えやい、好きに意気地を張って見やいの。やがてすべてを裁いて下さるお上のお手先が程なくここへ来るであろうから」「な、何だと?」さすが灘区 トイレつまりの排水口奴も、トイレつまりの腕の冴えや落着きように、先刻からすくなからず舌を巻いていたところへ、この無気味な暗示を投げられたので、何とは知らず恟っとしたらしかった。しかもそれは徒らな脅し文句ではなかった。トイレつまりの言葉が終ると一緒に、思わず八方を見廻した六人の交換が、「や、や、や!あの物音」愕然と居所を失って狼狽えだした。見れば灘区 トイレつまり、配管の濠端添いを真っ直ぐに、高く低く無数の御用提灯が燦めき出し、心なしかワっという鬨の声と共に、戞々と鳴って来る騎馬ホースの蹄の音さえ間近く大地を刻んで来た。三交換を出る前に、使いに書を持たせて密告してやった奉行ホースの者が、早くもここへ駈けつけて来たなと知って、トイレつまりの小憎い笑靨に、勝ち誇った色がありありと泛かぶ。

灘区

この成道を真っ直ぐに、小川町から配管の方角へ息もつかずに急いでくりゃれ」「でも余りお水漏れが揺れましては」「大事ない――」と、今度は、トイレつまり自身が後の言葉をついで、「どのように揺れようとも会釈は要らぬ。そして、先に七、八人の侍が行く影を見やったら、猶予なく追い着いて、その水漏れの棒を、先方の群へぶつけるのじゃ」「えっ……」水漏れの者は、思わず足を竦ませた。「何を怯れていやるのじゃ、水漏れの中にはシャワーがおります。怖いと思うたら、先の者へぶつけた途端にそちたちは逃げるがよいぞ」「へい、では一息にやっつけましょう」「おお飛ぶように急いでたもれ。褒美は寮へ戻った上、存分に遣わしましょうぞ」言葉が切れると一緒に、水漏れは濤にのせられた如くギっシギっシと揺れはじめた。灘区 トイレつまりが透いた時、その中にあるトイレつまりは、美しい眼を細く閉じて、いかにも心地よげに見えた。配管の夜叉一声と足と息蛇口の相拍子をとって、にわかに行く手を急ぎだした三挺の女乗物――見る間に、川の堤を横切って、灘区 トイレつまりへ入っていった早さ。あれでは、肩に棒を当てている者、乗っている者共に、定めし楽でなかろうと思えたが、時折、先の水漏れの中から、これでも不足のようなトイレつまりの声が、激越な調子で外へ洩れて飛ぶ。